安芸.石見地方神楽紀行

アクセスカウンタ

zoom RSS 石仏「磨崖仏」 熊野町指定文化財(史跡)ゆるぎ観音 5月2日

<<   作成日時 : 2008/05/03 07:48   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 2

昨日は運動不足解消の為、夕方に思いたって、近くの500mクラスの頂上迄駆け足で登ってきました。その山は登山等の側に三十数体の磨崖仏(まがいぶつ)が彫ってあります。石仏と磨崖仏の違いは、移動ができるか自然の岩壁に彫ってあるかの違いです。大分の臼杵磨崖仏 や熊野磨崖仏 等が有名で、大分中心に奈良など全国に分布しています。中国地方の磨崖仏は、比較的年代が新しくあまり有名ではありませんが、それでも彼方此方の山々でみることができます。石仏や磨崖仏の鑑賞趣味は、子供の頃から私の叔父の影響を受けて、今日に至っています。趣味が高じて一家のお墓の側に、六地蔵さんをまつってしまいました。さて、山登りの途中にある磨崖仏を撮影しましたのでご紹介します。こんな素敵な場所が近くにあっても訪れる方が少なく(あまり知られていない)枯葉が積もって、磨崖仏の側までがスベリながらの撮影作業になります。これも神楽とは離れますが、日本文化繋がりってことでご容赦願います。
●場所のご紹介です。広島は安芸郡熊野町です。熊野町といえば、日本の筆の生産量の8割を占める筆の街です。世界的にも有名なブランドの化粧筆のほとんどが熊野筆です。北京五輪男子マラソン日本代表の尾方剛さんが熊野町の出身です。
磨崖仏ですが、近くに由緒があったので、ご紹介します。
  慶応元年(1865年)12月水木嘉衛門という人が
  観世音菩薩に難病平癒を祈願したところ全快
  翌年4月堂を建て入仏式が行われた。
  付近にゆるぎ岩があることから「ゆるぎ観音」と呼ばれる。
  観音堂周辺には30余体の磨崖仏が彫られている。
●磨崖仏は、画像のようにすでに苔むしたものや風化がすすみお顔がとろけてしまっているものもあります。中に、ある岩盤の磨崖仏は、途中迄で中断されたものもありました。毎年ひとりの方が1対ずつ彫られたようですので、途中で何らかの要因があり中断されたのではないかと思います。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

●未だ彫っている途中、なんらかの要因で中断された像

画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

●山頂からの夕焼け(セピアカラー)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
犬山城
oojijisunです,青春18切符で行きます お城巡りを準備中です、参考になります。 ...続きを見る
青春18切符で行く,日本の「城」巡り26
2010/12/25 08:07

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
穏やかなお顔と重厚さに見とれてしまいました!磨崖仏がお近くにあるのって、うらやましい。種々含めて、浮き彫りは好きです。
乱鳥
2008/05/03 22:15
☆乱鳥様、ご来場有難うございます。浮き彫りがお好きだったのですね。この石仏さまは自宅から車で15分くらいのところにあります。今回撮影の間、崖の側をすべりながら磨崖仏に辿りつきましたが、これを彫られた方は今のような電気工具も明かりもない時代にどんなに苦労されて彫られたのでしょうか。石仏なら家で彫って移動もできますが、磨崖仏は現地でなければ彫ることができません。単なる信仰心ではここまでのことは出来ないと思うのですが、昔の方はよほど強い根性と精神力があったのでしょうね。彫りかけの2体を観て初めて人間くささを感じました。
ししです。
2008/05/05 08:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
石仏「磨崖仏」 熊野町指定文化財(史跡)ゆるぎ観音 5月2日 安芸.石見地方神楽紀行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる