安芸.石見地方神楽紀行

アクセスカウンタ

zoom RSS 瀬戸内海ぷかり旅 ターポン120にアウトリガーを装着してカヤック・フィッシングの巻 2014

<<   作成日時 : 2014/09/25 18:59   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

本当に久しぶりの更新となりました。大変申し訳けなく…😢

今年の夏は、週末毎に天候が悪く、海にも山にも、例年の半分くらいのお出かけ回数で終わってしまいました。
特に今年は、カヤックでの釣りを楽しみにしていて、事前準備も万端でしたがとても残念です。
前準備といえば、
前シーズン、カヤックで釣りをしていると、漁船が側を通過する際の波で、転覆しそうになり、釣りどころの騒ぎで
無かった反省から、海に投げ出されない工夫というか、転覆防止の装備を春からずっと考えておりました。
アウトリガーをつけたい!
アウトリガーとは、(英語: outrigger)は、舷外浮材(げんがいふざい)とも訳し、安定性を増し転覆を防止するために、舷外(通常、船体の横)に突き出して固定される浮きである。 転じて、船舶に限らず、安定性を増すために側部に突き出した装備も意味する。 と Wikipediaに書かれています。

カヤックの横に、ゴムの空気袋を取り付ける案や、発泡スチロールを削って取り付ける案や、色々とネットサーフィンしながら思い悩んでおりました。
やっとみつけたのが、Hobie製のサイドキックという製品です。我が国ではあまりメジャーな製品ではないらしく、購入先を探すにも一苦労でした。とても高価な値付けです。
ネットで発注して3日。玄関に白くて長い箱が届いていました。
早速箱を開けると、まるで白い風船のようなフロート?と黒い金属のバーが3本入っていました。フロートは普通の浮き袋のようなビニール材質で、本当にこれに命を預けても大丈夫かと不安にかられました。
数少なかった天候のよい週末を待って、シット・オン・トップカヤックのターポン120にサイドキックを装着することにしました。
でも、どうやって?箱には、英語の印刷物A4サイズ1枚だけで、装着マニュアルらしきものはありません。Youtubeで色々探し出し、皆さんが苦労して装着されている例を参考にさせてもらいました。
幸い、当方のターポンには、サイドレールなるものが付いており、このレールを利用することにしました。
早速、レールにはまるオスねじ作りから作業開始です。
カヤック本体に横に渡すバーは、DIYショップで見つけた、水道管などビニールパイプを壁に取り付けるオーム型の金属のわっかを購入しました。一枚では不安なので、二枚重ねとしました。

画像


              シット・オン・トップカヤック(ターポン120)にアウトリガーのサイドキック

ホビーカヤック サイドキックが到着
画像



画像

これでフロートになるのかなア…不安だなあ
画像
空気は口で入れるらしい

画像
水道管用のわっかです。これを1か所に二枚重ねしました

画像
横バーを装着用のレール用ネジを取り付けたところです

-----------------------------------------------------------------------------------------
                                            以下、携帯電話のカメラにて撮影の画像


漸く天気が回復した週末、自宅から1時間半の風光明媚な内海に試乗に出かけました。
ますます重量が増したカヤックを一人で車の上に乗せ…
画像


釣れるような漁場ではないので、釣りの方は、成果は期待できませんが。
早朝の魚が食う、よい時間帯が全くの干潮の底状態で、釣りの条件的には最低でした。
まるで湖のような美しい浜辺に、カヤックを浮かべ、ホビーのサイドキックなる浮きを装着しました。

画像

午前5時半くらいの日の出前ですので、まだ薄暗い状態です。
画像

画像


海に漕ぎ出します。ここまで、車から降ろしたり、魚探を取り付けたりと、準備に1時間も要してしまいました。
もう年をとると、一人ではしんどいです。
画像



画像

                     カヤックに取り付けたサイドキックはこんな感じです

画像


画像


画像

画像

これは、みかけによらず、とても安定しています。フロート(左右の浮き部分)は、海面からの高さが調整でき、浮かすことにより、スピードに影響を及ぼしません。これは、期待通りです。
横を漁船やプレジャーボートが通り過ぎましたが、横波にも安定し、安心して釣りを楽しむことができそうです。
画像

画像


サイドキックなるものが、当初の期待通りで役にたってくれたので、少し本来の釣りを楽しむことにしました。
魚探には反応があるものの、釣り上がってくるものは、夜のオカズにはほど遠いものでした。
まあ、目的の一つは達成できたので、今日のところはマアいいか、と自分に言い聞かせ、お昼のお握りを洋上でいただき、早々に陸に上がりました。
画像

オールを漕いだ後、ブラブラになった腕で、車のラックに40K近いカヤックを一人で乗せるのは、いつも涙がでます。ホント…

で、本日の成果は(恥ずかしいので、モザイクがかかっております(笑)。
画像


※お詫び
今回の写真画像は、ガラケーの携帯電話で撮影したものです。

--

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
瀬戸内海ぷかり旅 ターポン120にアウトリガーを装着してカヤック・フィッシングの巻 2014 安芸.石見地方神楽紀行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる