安芸.石見地方神楽紀行

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本の祭りシリーズ 2014秋  「呉のヤブ」 呉地方の神社のヤブ、総力特集!

<<   作成日時 : 2014/11/29 18:37   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 26 / トラックバック 0 / コメント 2

秋祭りの太鼓の音が消え、あっと言う間に冬が到来しました。祭りが終わり1か月も満たないのに、太鼓が消えた寂しさとともに随分と懐かしい気分がしています。
そんな想い出に、今年の秋祭りを振り返りたいと存じます。

今回、私が幼少の頃過ごした、現在お隣の町、呉市の秋祭りをご紹介します。
呉といえば、海軍の町で、海軍工廠の工員や海軍の兵隊さんで賑った現在15万の地方都市です。軍港ができるまではほんの2〜3の村しかなく、歴史の乏しい田舎町でした。そんなところに戦艦大和をはじめ我国有数の軍艦がつくれる施設や軍の鎮守府ができたものですから、戦前には現在の数倍もの人口に膨れ上がったわけです。
私の母方も当時、曾祖父に引き連れられ、他県から呉に移住し、曾祖父は軍艦の製造に従事しています。
という背景で、呉の住民の多くは他からの転入で、色々な地方の方々が混ざりました。気の荒い方々も多く、仁義なき戦いの広島編は戦後のこの呉の町が中心に実際に勃発しています。
呉の祭り文化といえば、ほぼ終戦後に形成されたといっても過言ではないかと思います。勿論、呉の周辺の瀬戸内の島嶼部や山間部には平清盛時代からの文化を引き継いだお祭りも見受けられますが。

呉の祭りといえば、一昨年くらいに呉の総鎮守である亀山神社の秋の例大祭を掲載しましたが、その際にも「呉のヤブ」をご紹介しています。

’ヤブ’は呉特有の存在で、他にはそういった呼ばれ方はされていません。

ヤブの役割は、神様の道案内(神輿が旅所への移動の際の先導)と、警護に加え、神様に奉納される米の出来具合のチェック役と推察しています。
呉では、とんぼと呼ばれる俵神輿を各町内の氏子が奉納しますが、ヤブは神社に待ちかまえ、俵神輿が入っていくのを全力で防止します。はたから見ると、奉納の邪魔をしているように見えますが、実際には黄色い布で覆った竹棒で、俵をもんでいるのが正解のようです。俵に入った籾殻がついた米をヤブがついて精米し綺麗にして神様に奉納する意味合いももっているようです。しかし、酒の入った気が荒いヤブと、すんなり宮入を果たそうとする俵を担いだ氏子の間で、しばしば喧嘩となることがあります。お宮によっては、2時間近くヤブと氏子の攻防戦が繰り広げられています。
呉にはだいたい30くらいのお宮があって、その多くは11月上旬あたりに、小祭りと称する神社毎にお祭りが開催されます。お宮が近いと、それぞれのヤブ同士の喧嘩となることもあるようです。(最近はとみに大人しくはなっていますが)

ヤブは、木に彫られた鬼の面を被っており、その衣装はお宮によって異なっています。共通点は、草鞋と黄色の竹の棒(孟宗竹?)でしょうか。赤や青の鬼の面を彫られる方は、呉に在住で数名おられます。
鬼の姿をして祭りの前や前日の’よごろ’になると、お宮の周辺や小学校あたりをわざとうろついては、子供たちを竹の棒で脅すものですがら、子供にとってヤブはとてつもなく恐ろしい存在です。私も小学生も頃は怖くて高学年の子の後ろについて帰宅したものです。今でも親の言うことを聞かない子供に親が「ヤブ呼んで来ようか」と言って躾ける風習が今でも残っています。鬼の面は被っていますが、実は彼らは鬼ではなく、神の使いということですから、とても面白いですね。ヤブには位があって、お宮によっては、一番・二番・三番と呼ばれており、腰や背中の藁で編んだ腰巻(荒縄)の大きさで区別されます。だいたい一番は恰幅のいい恐ろしそうな方がなっています。
お祭り当日は、俵もみが終わると、親たちが子供を抱え、ヤブに抱えてもらいます。子供達はこれまで暴れていた鬼に抱かれるものですから、必ず恐怖のあまり泣き出します。それを見て記念撮影をしたり親たちは鳴き声に大笑いする姿が祭りの風物詩となっています。

俵神輿や神輿が通過する前に、観客を押し込み通路を開ける仕事も担当しますが、私も撮影しながら何度か竹の棒でどつかれてしまいました。

画像


-------------------------------------------------------------------------------------------

亀山神社
呉市清水1丁目

画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像


-------------------------------------------------------------------------------------------
吉浦八幡神社
呉市吉浦西条町1丁目

画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像


----------------------------------------------------------------------------------------
高尾神社
呉市焼山中央2丁目
*ガッソ(かつら)と着物の柄が特徴の高尾神社のヤブ
よごろから子供たちを追いかけまわす。子供たちは遠巻きから、「ヤブ、ヤブ、くそヤブ!」とはやし立てる。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像
   この後、竹の棒で腹を突かれてしまいました。
画像
画像
画像
画像


------------------------------------------------------------------------------------------
龍王(貴船)神社

画像
子供ヤブ
画像
画像
画像
画像


               おつかれさま…
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 26
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた 驚いた
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
sisi様にご紹介いただき初めて知った呉のヤブ。
このお祭り、とても好きです^^
こんな楽しそうなお祭り、見てみたいなと今回も思いました^^
カッコよくってユニークで、素敵すぎます☆

お子たちが怖がって泣いておられるお顔が、なんとも言えず可愛らしい。
「よしよし、だいじょうぶよ^^」
って、声をかけてあやしたくなりますね☆

sisi様、12月に入っちゃいましたね。
これから気ぜわしい毎日。
ますます寒くなりますが、腰痛など、お体ご自愛くださいね。

ご趣味にお仕事に、
楽しいお時間をおすごしになってくださいませませ^^
Ranchoです^^
2014/12/04 13:36
コメントy気持ち玉、とても感謝です。ありがとうございます。
体調の方は回復されましたか。これから冬となり寒さが本格化します。お体、ご自愛頂ければと思います。
呉のヤブって、呉地方だけに存在するって、考えたら楽しいですね。呉は戦時中に全国から人が集まって、彼方此方のお祭りの文化をごちゃまぜにした感じです。なぜ、この地にヤブが誕生したのか、いつか真面目に調べてみたいと思っているところです。
師走となって忙しい日々が続きますが、お元気で新たな年をお迎えください。
Rancho様、SiSiです。
2014/12/07 16:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本の祭りシリーズ 2014秋  「呉のヤブ」 呉地方の神社のヤブ、総力特集! 安芸.石見地方神楽紀行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる