安芸.石見地方神楽紀行

アクセスカウンタ

zoom RSS あやめの前終焉の地 小倉神社傍 あやめの前宝篋印塔 

<<   作成日時 : 2017/07/04 11:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

当サイトは、安芸国賀茂郡(東広島西条)に伝わる源頼政の側室、菖蒲御前(あやめの前)の伝説地写真紀行の本文のサブサイトです。

◆参考までに本文のURLは、
http://hiroshimakagura.at.webry.info/201707/article_1.html


あやめの前終焉の地 小倉神社傍 「あやめの前宝篋印塔」 

息子、水戸新四朗と暮らした、二神山城が落城し、郎党30人と逃げ暮らした小倉山の小倉大谷(曾場ヶ城山)。

死期を覚ったあやめの前(西妙尼)は、現在里人が建てた小倉神社の側に、小さな庵をつくり、
頼政の母手作りの篠笛をもって庵に籠りました(洞穴に籠ったとのブログもあり)。
食を絶ち、亡き頼政や家臣たちの菩提を弔いながら笛を吹き、6日目に笛の音が途絶えました。

あやめの前、終焉の地に立派な宝篋印塔を、供養の里人が建設しました。
後を追った家臣たちの墓も、あやめの前の宝篋印塔の周りに祀られています。

墓地は、小倉神社本殿の右手の細い山道を、10分くらい上ったところにあります。
ひっそりとして、撮影は晴天のお昼ごろでしたが、周りより一段と暗く湿気の多い場所でした。
趣味で城主など著名な古墓を撮影する際は、いつもはパチパチとうきうきしながらシャッターを
切っていますが、流石にここの墓所だけは、頭を下げ手を合わせ早々に神社に戻りました。
30数基の郎党の墓の多くは埋もれかかっており、墓所の中は通路がないため、埋もれた墓石
の頭を踏みながらの撮影移動でしたので、いつ地面から手が伸びて、私の足をひっぱってくるか、
気がきではありませんでした。…ホント
宝篋印塔には真新しい生花が供えてありましたので、
今だに近所の方々が守っておられるのでしょう。

画像


画像


画像


画像


画像


        あやめの前の家臣団の墓とされている五輪塔

画像


画像


        家臣団三十数基の墓群
画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


           笛の音の絶えなば一期と菖蒲前 土中ふかくをこもりしと ああ

画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
あやめの前終焉の地 小倉神社傍 あやめの前宝篋印塔  安芸.石見地方神楽紀行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる