2008日本石見神楽大会 第三弾 (前編)  →  石見神楽美川西保存会 『熊襲』

熊襲
『古事記』や『日本書紀』に出てくる景行天皇の皇子である小碓命(ヤマトタケル)の西征の物語です。南九州がヤマト王権に臣従する過程を語られたものです。
小碓命16歳の頃、父の女を奪った兄を殺してしてしまい、逆に父に恐れられて九州は熊襲建(熊襲は、現在の熊本県人吉市周辺鹿児島県霧島市周辺に居住した部族で、
首長は川上梟帥タケル)の征伐を命じられます。九州に入った小碓命は、熊襲建の宴に美少女に変装して忍び込み、宴たけなわの頃を狙ってまず兄建を斬り、続いて弟建に刃を突き立てます。弟建は死に臨み、その武勇を嘆賞して小碓命へヤマトタケルの号を献上した、という神話です。

美川西さんの熊襲は、当大会用に準備され練習を重ねられたようで、とても楽しい神楽でした。例によって撮影枚数が多いので、2回に渡ってのご紹介です。

画像



画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像



    ●続いて、「熊襲」後編になります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

乱鳥
2008年12月31日 10:21
しし様

わぁお!素敵!楽しそうな演目ですね。
後ほど ゆっくりと楽しませていただきたいと思います。

今年はいろいろと教えていただいて、ありがとうございました。
感謝申し上げます。
来年もどうぞよろしくお願いします。

しし様、よいお年をお迎え下さい。
乱鳥さま。ししです。
2008年12月31日 12:25
いつもご来場いただき、また素敵なコメント有難うございました。来年も宜しくお願いします。よいお年を!!

この記事へのトラックバック