安芸.石見地方神楽紀行

アクセスカウンタ

zoom RSS 『三原神明市』No2  2月7日 だるま市・備後神楽・ちんどん屋さん・三原城

<<   作成日時 : 2009/02/08 23:31   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 2

前回に続き、2月7日の三原市神明市の様子です。

画像

  
   ●三原駅すぐ裏の、三原城 お城の上に線路が通って、駅ができたって感じ…そういえば、お隣の福山市の福山城(現存)も目の前が駅で、新幹線が走っております。

画像


  ●『三原城』1580年に毛利元就さんの三男小早川隆景さんによって三原の沼田川河口に建てられた
  浮城です。徳川家光の乳母であった春日局が若かりし頃、小早川隆景の養子、小早川秀秋の補佐役
  の稲葉正成(秀吉の命をうけ秀秋のご家老職に)と共にこの三原城で過ごしていました。
  稲葉正成は、1600年関ヶ原の戦いにおいて、家康さんと内通し、小早川秀秋を東軍に寝返らせました。
  これにより西軍が敗走し東軍が勝利したといっても過言ではありません。徳川の世の中を創った影の
  功労者ではないかと(私だけが)思っています。小早川秀秋は秀吉さんの正室・北政所(高台院)のお兄
  さんの五男で、秀吉さんの養子でした。三原城は、小早川氏の移封後も福島氏,浅野氏の支城となり
  明治まで存続したそうです。江戸幕府の「一藩一城」の方針時代には珍しいお城です。

画像


   ●神明市の植木市

画像


画像


●事前のスケジュールでは、神楽は11時〜と書かれていましたので、自宅から急いで会場にでかけ、1時間くらい前には仮設舞台の一番前の席を確保しましたが、いっこうに始まる気配無く、結局何のアナウンスもなく、神楽の準備が始まったのは、11時半くらいからでした。11時半はこんな感じです(笑)。久しぶりに田舎時間が味わえてよかった…と思えば気が楽でした。仕度が終わると、今度は神事が始まり、結局神楽は2時間遅れで始まりました。お陰で、顔が日に焼けてひりひりしております。

画像


画像
画像


画像


   ●「神明御山」…三原では、伊勢神宮の神霊(分霊)を小正月(旧1月14日)の左義長のときに祀って
   いました。左義長は、正月に飾った松飾りや注連縄などを集めて焼く行事(とんど)で、この日に神明
   様の祭りを行ったことから、左義長のためにつくる注連山を「シンメイ」と呼ぶようになったと言われて
   います。神明御山は、正月4日から作りはじめ背の高い竹(高さ九間)を芯にして、正月飾りに用いた
   松、山草、藁などを利用して長く巻き立てるよう御山を作り頂天に神弊を立て、竹の枝には日の丸扇
   を吊り、竹の周りに扇の丸を配しその下に若草の丸、梅の丸、紫の丸を順次つけ、竹を配して神の宿
   る標山として祭られ、極めて神聖なものとして取り扱われます。   「パンフより原文のまま掲載」


   ●我が撮影機材のご紹介
     Nikonデジタル一眼レフ4セット。但し1台は撮影していますので写っていません(笑)
     一番手前のカメラは動画も撮れます。D90というやつです。


画像


  ●はじめての動画(ちんどん屋さん)


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
神明市PR「日本一」だるま
JR三原駅北側の市道をメーン会場に開かれる「三原神明市」(2月11〜13日)をPRする大だるまが、市道をまたぐように設けたやぐらの上に据えられた。 ...続きを見る
ローカルニュースの旅
2011/02/10 15:36

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
なんか同じような・・・
わたしも浜田で2時間待ちをしてきました。
高齢の社中さんの舞いはいかがでしたか?
人ごみの中に出かけていくししさんがうらやましい。
わたしはどーーも苦手です。
ぜんべえ
2009/02/09 17:39
石見神楽を楽しんでこられたみたいですね。三原で拝見した神楽の感想…難しいですネ。高田神楽とは全く全ての面で異質です。これでは後継者は……。
・神明市でいつも長蛇の列の鯛焼き屋があります。噂では聞いていたのですが、ホント驚きました。その屋台の周りに百円の鯛焼き屋台が並んでいるのに、150円近いその店だけ、いつの時間帯も数百人が順番待ち。折角だからと並びかけましたが、あまりの混雑で途中で断念しました。人ごみは苦手ではありませんが、並ぶのは好きではありません。ネットでもちょくちょく書かれていましたが、なにやら鯛の尻尾まであんこが詰まっているとか。すぐ隣の鯛焼き屋で買って食べましたが、それなりに美味しかったデス。
善兵衛さま
2009/02/09 22:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
『三原神明市』No2  2月7日 だるま市・備後神楽・ちんどん屋さん・三原城 安芸.石見地方神楽紀行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる