呉の祭り2010 「呉みなと祭り」シリーズ1…呉のヤブのご紹介

     
 呉みなと祭りで、それはそれは大変なつかしい「ヤブ」に出会いました。




呉地方の秋祭りに欠かせない存在に「ヤブ」と呼ばれる‘鬼’がいます。
ヤブは、呉市街地の他に焼山、伏原、阿賀、音戸の一部の神社にしか存在せず、広島県人でも知らない方も多い大変マイナーでローカルな存在です。
このヤブは、地元の八幡さん(神社)の自治体毎の御神輿についている鬼で、自治体毎に服装や手に持つ棒(呼び名がわかりません)の色が違っているようです。大体、面は赤か黒の木製、頭はぼさぼさ(ガッソという)で着物は黄色、手に棒を持ち、足は草鞋が決まりごとのようです(画像参照)。

画像



神社の大祭には米俵3俵と木の柱や竹で作った「トンボ」という神輿(米俵)を神社の本殿に奉納しますが、神輿が町内を練り歩いた後、境内に入ろうとすると、ヤブ数ひき(鬼はイッ匹と数える)が神輿の侵入を邪魔します。酒を飲んだヤブと神輿の担ぎ手が喧嘩になり、ここで以前は怪我人もでていたようです。
ヤブは単に神輿の進入を邪魔しているのではなく、百姓さんが作った新米の今年の出来具合を確認するために神輿となった米俵を竹の棒で突付いて確認するのが慣わしのようです。呉の鎮守、亀山神社のHPによると、ヤブは変な米を神様に奉納させないように検閲する役割りや、籾殻の付いた米俵を外から叩いて殻をとり美味しいお米にして社殿に入れ奉納させる、いわば神様のお使い神様の警護の存在とのことでした。

毎年秋祭近くになると、彼方此方、自治体毎に夜になると太鼓と横笛で祭りの到来を知らせますが、本祭りでは神輿の俵(トンボ)が到着すると、ヤブと担ぎ手が太鼓と笛の音色をバックにもみ合いを大体2時間くらい繰り広げ、最後には神輿を氏子の許可を得て本殿に招き入れるストーリーで祭りの山場を向かえます。

幼少のみぎり(私の)、ヤブは世の中でもっとも恐ろしい存在で、鬼の面の下は、普段はオトナシイ大柄な中学生や高校生が多かったのですが、中には一番ヤブ、二番ヤブ、三番ヤブという位があって、このヤブには戦後仁義無き○○で広島発の超メジャーとなった方々が扮されていて(今でもある神社のヤブさんは腕や背に桜吹雪が…)、祭りが近い学校の帰り道、太い棒をぶんぶん廻しながら追いかけられた記憶がトラウマになっています。祭りになると当時は(今でも?)ヤブに日本酒を飲ませて景気付けするのですが、中には酔っ払うヤブもいて、本気で喧嘩を仕掛けてくる者もいますので、やっぱりおっかなびっくりの存在ではあります。

呉地方独特の呉にしかいない「ヤブ祭り」のヤブ…秋田のナマハゲのようなメジャーな鬼のようにいつか存在感を増していって欲しいですね。


                                 今回ご出演の自治体は、ひばりが丘自治体の方々でした。

画像


                    …ワシどんな顔?こんな顔!

画像


              …よう結んじょいてね。やっちゃりょうるじゃろう

画像


画像


画像


画像


            …いざ出陣ジャあ

画像


画像
画像
画像
画像
画像
画像


画像


画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像
画像
画像
画像

画像


          …いよいよ出陣、ヤブの出陣式なり

画像


          …俵神輿(トンボ)も出発です。

画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


----------------------------------------------------------------------------------------

画像


今日は模擬的に、俵神輿をヤブが取り囲んで観客に見せていますが、秋祭りでは神社の境内で、神輿衆とヤブが激しくブツカリ揉み合いを繰り返します。


画像


画像


画像


画像


画像


いや~実に楽しいですね。我が郷土の鎮守に古くから伝わる「ヤブ入り」のヤブ祭り…なんてマイナーなんでしょう。全国的に有名になって欲しい気持ちも、このままローカルのまま伝統文化として後世に繋げて行って欲しい…両方の気持ちで複雑です。

●次回から、2010年・「呉みなと祭り」シリーズとなります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 60

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

Rancho
2010年05月07日 08:28
祭も謂れもあまりにも面白いのでyahoo検索してみました。
なかなかカメラを向けるのもむずかしいほどの多くの人でにぎわいのある祭ですね。
ししさんのカメラ作品はすばらしい。*^^*

祭内容を知ると、美しい女性の迫力ある顔はいきいきしていることがわかりますね。
ユニー木だけではなく、本質のあらわれた作品なのですね。#^^#

ヤブ...ってどうして言うのでしょうか。棒...で米をつついて出来を確かめるのですね。
なまはげのような...ししさまのお得意のそしてわたしの好きなちいさなお子様との対比作品も見てみたいです。
ししさんが毎年見に行かれたら、嬉しいな。

この祭、好きです。

RANCHOさま、SiSiです。
2010年05月07日 17:23
朝早く嬉しいコメントいただき有難うございました。
RANCHOさま旅のお疲れは大丈夫ですか。
ヤブについて調べていただいたようですね。大変マイナーな存在なので、はたして検索にひっかかったかどうか…
実際に、秋祭りに撮影したら、またご紹介しますね。秋まで少し時間がありますね。
tsu-san
2012年11月24日 12:37
わたしは、このひばりが丘に出てたんですよ!
今は、毎年ヤブやってますけど(笑)
根っからの祭り女なんですっ
tsu-sanこんばんは
2012年11月24日 21:18
コメントありがとうございます。
呉のヤブ、いいですね。呉にしかない、ヤブとイガ餅と細めん、永遠あれ!
また呉のお祭でお会いしましょう。

この記事へのトラックバック