2012年厳島神社・桃花祭 御神能 能・喜多流『枕 慈童(まくらじどう)』

厳島神社・桃花祭 御神能 の第4幕 『枕 慈童(まくらじどう)』のご紹介です。

■「枕慈童」

粟谷尚生(シテ/慈童)
岡充(ワキ)、椙元正樹(ワキツレ)

中国魏の文帝の時代帝は、てつ懸山より流れ出る不思議な水があると聞き、
勅使を遣わします。勅使は一面に菊の花の咲き乱れる山中で一軒の庵をみつけます。
庵には一人の少年がおり、彼は勅使に、私は周の穆王に使えた慈童と名乗ります。
少年慈童は「帝より二句の妙文が記された枕を賜りました。その妙文を菊の葉に写し
ましたところ、滴る水は薬の水となり、私はその水を飲んで不老不死となり、700年
もの齢を保っております。」と答えました。
慈童は勅使の前で、菊の酒に酔い舞楽を奏し帝の聖徳を讃え長寿を寿ぎ、菊に戯れて、
そののち、山の中へと姿を消していきました。


画像


---------------------------------------------------------------------------------------

画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


--------------動画-------------------------------------------



-------------------------------------------------------------

画像


画像


画像


画像


画像


画像


------------------------------------------------------------------------------------

次回、いよいよ桃花祭三日目の最後「黒塚」です。お楽しみに…

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

Rancho
2012年05月05日 09:51
ししさま、こんにちは(*^-^*)
不老不死野水を飲み、
700年たっても もとの初々しい姿の少年がいたのですね♩☆
ししさま、本日は初○○、おめでとうございます(*^D^*)
しし様も、そしてご家族さまも、
いつまでもご健康でお幸せであれますように☆

能楽、何度も拝見させていただき、堪能させていただきました。
全て、見てみたいです。ありがとうございました^^♩
RANCHO様、ありがとうございます。
2012年05月05日 15:47
RANCHO様こんにちは。連休の後半は暑い位で、躑躅も満開でそろそろ終盤の様相です。
心温まるコメント頂戴し大変嬉しいです。ありがとうございました。

桃花祭御神能の写真を何度もご覧いただきまして感謝感謝です。
西王母から始まり、経政、楊貴妃、枕慈童ときて、最後に黒塚で締めくくり。
私も今回の能は、女性の物語りから武士、子供、鬼…バラエティに富んで
いて、とても楽しむことができました。
でも世間の皆さんにはあまり能は、興味が薄いのでしょうか。それと
いうのも、神楽の写真を掲載すると、数百までアクセスが上がっていき
ますが、能は十数件と、訪れて見てくれる方が少ない…。
マア、興味がない方には難解で、動きがユッタリしているから、現代の
皆さんの好みには副っていないのかもしれませんね。
そんな中で、賛同してくださっている方に見ていただけるだけでも嬉しい
かな。
明日一日となったGW。明日は全くなにも予定がありません。蕾が膨らんだ
皐月でも手入れしておげましょうか。

この記事へのトラックバック