神楽『鍾馗(しょうき)』  筏津神楽団

平成25年 最初の画像は、鍾馗(しょうき)です。
昨年末の筏津神楽団さん太刀納めに舞われたものです。
疾病除けの神様須佐之男命が春夏秋冬一切の病の司である疫神を芽の輪と宝剣を持って退治する、年初めに相応しいお目出度い演目です。


画像


----------------------------------------------------------------------------------------

画像


画像


画像


画像

画像


画像


画像


画像

画像

画像

画像



--------------------------------------------------------------------------------------

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

Rancho
2013年01月07日 12:30
sisiさま、こんにちは(*^-^*)
鍾馗さま、カッコいいですね☆良い年になりそうに感じます。

sisiさまのお写真、ばっちり!決まってますね☆
筏津神楽団さまにも拍手です。

Rancho様
2013年01月07日 22:24
今年もコメントありがとうございます。
鍾馗、石見神楽の古来の神楽演目です。

「世の中の善きも悪しきもことごとに神の心のしわざにぞある」

この記事へのトラックバック