秋の里山 庄原「円通寺」(山内氏菩提寺) 雪舟の天井画’鏡天井雲龍画’2013年10月

 広島の北東部の山里、庄原市本郷にある、「円通寺」(慈高山円通寺・臨済宗妙心寺派・本尊千手観音)に立ち寄りました。
 円通寺は、奈良時代の大僧正’行基’[聖武天皇のとき奈良の大仏(東大寺等)建立の責任者]が若いころ布教のため全国に建てた寺院の一つと伝承されています。
 本堂は、戦国時代に地毘庄本郷地頭職であった山内氏が今の形に再建し、重要文化財の指定を受けた建物です。山内氏は経通の時代に相模国の山内荘を領していて、経通の母は、源頼朝の乳母である山内尼でした。もともと源義朝の配下でしたが、保元・平治の乱の際に、経通が死んだため、多くの土地を失いました。子の経俊は失地回復のため、頼朝に従い義経追討,奥州征伐などに功をたてたことで、伊勢,伊賀の守護職を得て、その他にも相模・早河庄や備後・地毘庄などに地頭職を得たということです。
 鎌倉末期のころ、山内道資が円通寺があった山全体を山城として「甲山城」を築き、中腹の円通寺を、山内家の菩提寺としました。


画像


1324年 山内道資が甲山城築城
      京都の嵯峨天竜寺の王洲をまねいて開山。
      本堂建立の際、涙でネズミを描いた’雪舟’に頼み、本堂の天井画
      【鏡天井雲龍画】を書かせる(伝承)。
1536年 尼子経久に攻められて甲山城を尼子占拠。
1540年 山口と大内、毛利軍が山陰の尼子に攻めたが、敗走し、この時
      毛利元就が一人馬で甲山城に逃げ込む。山内氏は元就を広島
      の吉田の郡山城まで無事送ってやる。
1553年 山内隆通の代、毛利氏に組みする。
1600年 関ヶ原の戦いに毛利(西軍)と出陣。
      西軍が敗れたため、毛利について山口の萩へ移り住む。
      甲山城、廃城。

唐様の本堂の造りの中の天井に有名な龍がおります。この絵が「鏡天井雲龍画」
で、雪舟によって描かれたという伝承です。

この龍の絵には、地元に古くから伝わる伝説があります。

『龍の絵を描き終えた雪舟は、天井に飾り、石州へ向けて旅立っていきました。
夜になると、龍が天井を抜け出して麓の村々に水を飲みに現われ、水を飲み
ほしてしまいました。里人は困り、恐れをなした為、たまりかねた住職が雪舟に
龍の事件を伝えました。
話を聞いた雪舟は急いで戻り、釘を取り出すと天井の龍の目に打ち込みました。
その後、龍は天井から抜け出すこともなく、里人は安心して暮らしたってサ』

※私が撮った画像をよく見ていただきたいのですが、龍の眼には
 両眼との穴が開いているように見えました。
天井画の色彩は、彩色は赤や緑や青が残っていて、かつての色彩
豊かな時代を想像させます。天井の龍は、京都の妙心寺も有名です。

円通寺は、私自身3度目になります。これまでは、毛利元就所縁の寺(山城)
ということで訪れた訳です。急な参道は左右に石仏が出迎えてくれて、
なにも変わってはいませんでした。が、山門をくぐってまず目に飛び込んでき
たのが、本殿の左正面にデンと立つ真新しい石像でした。
(この像は市内でもよく目にする)なんだか、本殿の佇まいを殺してしまって
います。以前は立ってなかったのに。信者の方が供えたと書いた碑がありました。
(なぜ、ここに…)美しい景色をスポイルしていまっている感じがしましたが、
私だけでしょうか。
------------------------------------------------------------------------------------------
●参道
画像
画像
画像
画像
画像
画像


画像

画像


-----円通寺境内-------------

画像
画像
画像
画像

---------------------------------円通寺本殿

画像
なんだかナア…白い像、ここなの?

画像
画像
画像



-------------------------------------------------------------------------------------------
● 「鏡天井雲龍画」雪舟画伝承

画像
画像
画像
画像


-------------------------------------------------------------------------------------------
画像
画像
画像
画像
画像

画像
画像
画像
画像

                        ご本尊千手観音さまは拝見できません
--------------------------------------------------------------------------------------------
画像
画像
画像
画像


画像


--------------------------------------------------------------------------------------------

この記事へのコメント

Rancho
2013年10月21日 00:55
 ししさま、こんばんは(*^_^*)
 ここが円通寺なのですね☆
>雪舟は急いで戻り、釘を取り出すと天井の龍の目に打ち込み、その後、龍は天井から抜け出すこともなく、里人は安心して暮らした
…のですね^^こういった伝承、とても楽しいです。
 龍の目、とくと拝見させて頂きました^^
 ご紹介いただき、ありがとうございます!^^!

 龍のからだが丸く描いてあって、仏像のお顔も優しくて、和やかですね。
 屋根の形(角度?反り返り?)も洒落ていますね。
 昔使われてのでしょうか。農具や糸巻き等にも、癒されます。

 円通寺って同名で、京都の左京区にもあるんですよ。
 借景の庭ですが今は、建物が少しじゃましているらしいです。
 十代の頃何度か文庫本を読みに行っていました。

 それにしてもししさまはいつも、良い旅、良い時間を過ごされていますね(^^)
 格好良く車でびゅー!っと行かれて、うらやましいです^^

 またまた月曜日。今週もお身体ご自愛のうえ、お仕事なさって下さいね^^
Rancho様SiSiです
2013年10月21日 08:52
Rancho様、いつもコメントや沢山の気持ち玉頂戴し、有り難うございます。朝晩漸く秋めいてきました。先週末は天候がよくなく、久しぶりに大人しくBikeを磨いておりました。
東大寺研鑽能…池に張り出した能舞台、鹿と戯れながら観る能はさぞ素敵だったことでしょう。残念ながら撮影禁止だったようですね。(仕舞いで、井筒や安達が原、どんな様子でしょう。井筒は小面が素敵なのに)
今週は台風が来ます。被害がないよう祈るしかありません。

この記事へのトラックバック