原小夏祭り・神楽 広森神楽団(安芸髙田市美土里町本郷)「蜘蛛」 2016年8月6日  

原小夏祭り神楽の第二弾は、安芸髙田市美土里町本郷で八調子高田舞を保存、伝承されている広森神楽団さんの「土蜘蛛」です。

画像紹介の前に、「土蜘蛛」について、簡単にご紹介します。
神楽土蜘蛛の出典は謡曲「土蜘蛛」で、別名を「葛城山」ともいい同じ内容です。

大和の国、葛城山に土蜘蛛の精魂が古くから住み着いていました。朝廷に従わず抵抗を続け世を乱していましたが、朝廷の源頼光が重い病になったと聞き、土蜘蛛の精魂は頼光の侍女胡蝶を殺し、胡蝶にと化身しました。
頼光が胡蝶に典薬の守から薬をもらい受けるように申し付けたのをよいチャンスとみて、薬を毒薬とすり替え頼光に飲ませようとします。土蜘蛛は成功したものと思い、頼光に飛びかかりますが、頼光は、枕元にあった源家の宝刀「膝丸」の威徳によって、土蜘蛛に切りかかります。土蜘蛛は手傷を追って糸を吐きながら葛城山へと逃げ延びていきます。頼光は坂田金時ら四天王を呼び、土蜘蛛退治を命じます。その際に、宝刀膝丸の太刀を「蜘蛛切り丸」と改めて、四天王に授けます。 四天王の一行は土蜘蛛の流血の後を追って、葛城山の岩屋に辿り着きました。 四天王は土蜘蛛の妖術に悩まされながらも、激闘の末、蜘蛛切り丸をもってめでたく土蜘蛛を退治するという物語りです。

登場人物
  源頼光  四天王(ト部季武 坂田金時)
  侍女・胡蝶  土蜘蛛の精魂
--------------------------------------------------------------------------------------------
画像


画像


画像
画像
画像
画像

画像

画像

画像

画像

画像


画像

画像
画像
画像

                                 源頼光 
画像

                        次女胡蝶に化けた土蜘蛛の精霊が毒薬を頼光に‥
画像

画像
画像

                   正体を現した土蜘蛛(次女・胡蝶に変身)
画像
画像

画像

画像

                   (※面がいつのまにかころころ変わるのがおもしろい!)
画像
画像
画像

                       頼光、宝刀蜘蛛切り丸で切りかかる!
画像

画像

画像

                     蜘蛛の糸を吐きながら葛城山に逃げ帰る
画像

                         四天王、土蜘蛛退治に葛城山へ
画像
                 
画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

                         激闘の末、土蜘蛛を退治!
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

広森の団長です
2016年08月12日 08:47
暑い中をありがとうございました。
大量の素敵な写真をUPしていただき、感謝感謝です。
Rancho
2016年10月17日 13:39
おひさしぶりです。

sisiさま、御神楽を楽しまれたのですね。
さすが!sisiさんのお写真、そして、神楽団の方々の迫力とパワーに、圧倒され、引き込まれます。
素晴らしい伝統芸能の紹介をありがとうございますm(_ _)m
QCサークル四国様
2017年03月07日 17:07
メッセージの件、承知しました。よろしくお願いします。SiSi

この記事へのトラックバック