テーマ:神社

 青柴垣神事(古事記,事代主神) 美保関・美保神社例大祭紀行 序説

古事記国譲りゆかりの美保神社(松江)特殊神事「青柴垣神事」紀行                       序説 4月7日、高速松江道を走って、松江の美保関に鎮座する美保神社を訪ねました。当日は、年に一度の例大祭の日にあたり、『青柴垣』という珍しい特殊神事が行われます。 青柴垣…は、古事記の国譲りに表現されており、美保神社…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

2019年 明けましておめでとうございます。

新年、明けましておめでとうございます。本年もどうぞ 当Blogを宜しくお願いします。 あっという間に年が越しましたネ。本日はもう4日です。 恥ずかしながら我が家のお正月の一端を、写真でご紹介します。          しめかざり                   (ほぼほぼ当方の手作りです) 赤い南天…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

「農村舞台」徳島の阿波人形浄瑠璃公演 犬飼農村舞台その3 傾城阿波の鳴門

徳島の農村舞台における阿波人形浄瑠璃公演のその3です。 その1で、犬飼農村舞台と五王神社での奉納、その2で農村舞台での三番叟の公演の様子をご紹介しました。 今回、その3は、太夫・竹本友和嘉氏による 傾城阿波の鳴門 順礼歌の段のご紹介です。 太夫の竹本友和嘉氏は、今年、国の重要無形文化財・浄瑠璃「義太夫節」の総合…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「農村舞台」徳島の阿波人形浄瑠璃公演 11月3日犬飼農村舞台 その2式三番叟

徳島の農村舞台における阿波人形浄瑠璃公演のその2です。 。 前回その1では、徳島の五王神社での、式三番叟の奉納の様子をご紹介しました。 奉納が終わり、神社境内の広場に立つ農村舞台に三番叟の人形達が帰ってきました。 開演前にちょっと一休み(笑)             いよいよ、農村舞台での阿波人形浄…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「農村舞台」徳島の阿波人形浄瑠璃公演 11月3日犬飼農村舞台 その1舞台紹介

平成30年11月3日、広島から徳島に車を走らせました。 徳島へは阿波踊りのお盆時期以外、初めての紀行です。 今回の旅の目的は、徳島の「農村舞台」で行われる阿波人形浄瑠璃の公演の撮影です。 自宅を早朝4時半に出発し、山陽自動車道~倉敷JCT~瀬戸中央自動車道~高松自動車道~徳島自動車道 ~一般道で徳島市八多町八屋の五王神社境内に、…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

源頼政側室 菖蒲御前(あやめの前)東広島西条・伝説地紀行【後篇】

源頼政側室 菖蒲御前(あやめの前)の安芸国賀茂荘(東広島西条)における伝説地紀行の後篇のご紹介です。  ※前篇のURLを掲載しておきます。前篇を先にご覧いただけると嬉しいです‥。各々の伝説地の写真を掲載したURLもご覧いただければと思います。 前篇! http://hiroshimakagura.at.webry.info/2…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

あやめの前が二神山城落城の際に守ってくれた愛馬を祀った 「馬頭観音」

当サイトは、安芸国賀茂郡(東広島西条)に伝わる源頼政の側室、菖蒲御前(あやめの前)の伝説地写真紀行の本文のサブサイトです。 ◆参考までに本文のURLは、 http://hiroshimakagura.at.webry.info/201707/article_1.html あやめの前が、二神山城落城の際に守ってくれた愛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

源頼政側室 菖蒲御前(あやめの前)東広島西条・伝説地紀行【後篇】

源頼政側室 菖蒲御前(あやめの前)の安芸国賀茂荘(東広島西条)における伝説地紀行の後篇のご紹介です。  ※前篇のURLを掲載しておきます。前篇を先にご覧いただけると嬉しいです‥。各々の伝説地の写真を掲載したURLもご覧いただければと思います。 前篇! http://hiroshimakagura.at.webry.info/2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あやめの前が、頼政の子を産んだと伝わる「寿福寺(現在の徳行寺)」

当サイトは、安芸国賀茂郡(東広島西条)に伝わる源頼政の側室、菖蒲御前(あやめの前)の伝説地写真紀行の本文のサブサイトです。 参考までに本文のURLは、 http://hiroshimakagura.at.webry.info/201705/article_1.html あやめの前が、頼政の子を産んだと伝わる 寿福寺(現在…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あやめの前が、落延びる際に乳が出るようお祈りした「安浦の稚児明神」

当サイトは、安芸国賀茂郡(東広島西条)に伝わる源頼政の側室、菖蒲御前(あやめの前)の伝説地写真紀行の本文のサブサイトです。 参考までに本文のURLは、 http://hiroshimakagura.at.webry.info/201705/article_1.html 安浦に伝わる平家伝説 あやめの前が乳が出るようお祈…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あやめの前が、平家から逃れて潜んだ西条 「吾妻子の滝」

当サイトは、安芸国賀茂郡(東広島西条)に伝わる源頼政の側室、菖蒲御前(あやめの前)の伝説地写真紀行の本文のサブサイトです。 参考までに本文のURLは、 http://hiroshimakagura.at.webry.info/201705/article_1.html あやめの前が、平家から逃れて潜んだ西条 「吾妻子の滝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

源頼政側室 菖蒲御前(あやめの前)東広島西条・伝説地紀行【前篇】

菖蒲御前(あやめの前) 東広島(安芸国賀茂郡)に伝わる伝説地写真紀行 あやめの前はとても美人であったせいか、国内には多くの伝承が残されており、全国の彼方此方で、あやめの前の供養塔や墓といわれる宝篋印塔などの石造物をみることができます。あやめの前を祭神と崇めた神社も確認できます。 そんな不思議な伝説をもつ、あやめの前の人生の後半の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

尾道三大夏祭り 御袖天満宮 『天神祭』 「勇壮五十五段大神輿還幸の儀(最終日)」

大林監督の映画「転校生」で一夫と一美の階段落ちで有名な石段のある、尾道・御袖天満宮のお祭りに出かけてきました。 55段の階段を神輿が上り下りする「勇壮五十五段大神輿還幸の儀(最終日)」です。 前回の当Blogのご紹介から日が経ってしまったこと、お詫びします。 ------------------------------…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

尾道・夏の祭り 久保八坂神社・祇園祭り「三体神輿」  後編

尾道の三大夏祭りのひとつ、「久保八坂神社の例祭」三体神輿・三体廻しの後編です、 御神体を乗せた三体の神輿が市内を練り歩いたのち、尾道渡船桟橋前の路上へ集結しました。 八坂神社の一本の幟を三体の神輿が勢いよくまわりながらタイムを争います。 ・三体揃い踏み ・三体によるタイムトライアル ・三体廻し ・タイムトライアルによる優…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

尾道・夏の三大祭り 久保八坂神社・祇園祭り「三体神輿」  神輿三体揃い踏み 前半の部

夏の尾道、三大夏祭りのひとつ、久保八坂神社の例祭・祇園祭り三体神輿を撮影してきました。 夕刻、八坂神社での神事の後、御神体を乗せた三体の神輿が夫々尾道商店街を練り歩いたのち、市役所に近い尾道渡船桟橋前の広い路上へ集結します。 広場(道路)中央には八坂神社の染め抜きのある一本の幟(のぼり)が立てられており、この幟を中心に三体の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「たけはら竹祭り」 安芸の小京都・竹原市にて   かぐや姫道中 竹のお祭り

広島の南中部、人口三万たらずの竹原市で「たけはら竹祭り」がありました。 瀬戸内の沿岸に面し、市街地には古い文化財が集中する町並み保存地区「都市景観100選」があります。「安芸の小京都」と呼ばれるこじんまりとした古き良き文化の匂いがするところです。市の名「竹の原」で示されるように町の周りは竹林で覆われていて、竹の子や竹細工が市の特産物に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

防府天満宮女神輿渡御 「2015年 第1回 おんなみこし連合渡御」 No2 防府天満宮奉納

4月29日(祝日)防府天満宮のある山口は防府で開催された「第1回 おんなみこし連合渡御」の後半のご紹介です。 第1回目の今回は、福岡・松江・松山・岐阜・山口の御輿6団体総勢約400人が集結した艶やかなお祭りです。防府銀座商店街をぬけ防府天満宮までの1.2キロ女性たちが神輿を担ぎ、練り歩いて、防府天満宮までやってきました。 防府…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

防府天満宮女神輿渡御  ~幸せますフェスタ2015~ 「第1回 おんなみこし連合渡御」No1

4月29日(祝日)防府天満宮のある山口は防府で「第1回 おんなみこし連合渡御」があるという情報が入ったので、早速カメラ3台助手席に放り投げ、早朝の高速をひた走りました。 第1回目の今回は、福岡・松江・松山・岐阜・山口の御輿6団体総勢約400人が集結しました。 お昼に、防府駅前で6団体の紹介の後、防府銀座商店街をぬけ防府天満宮まで…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

山口津和野・鷲原八幡宮における流鏑馬神事のご紹介  2015.4 小笠原流弓馬術

前回に続き、津和野・鷲原八幡宮での流鏑馬神事です。 今回は、小笠原流の宗家嫡男さま(若)・小笠原清基氏の特集をさせて頂きます。 小笠原流は鎌倉時代より、礼法・弓術(弓道)・弓馬術(流鏑馬)の三つを教授する宗家です。  ご紹介の若・小笠原清基氏を私が知ったのは、昨年清基氏の著書『疲れない身体の作り方: 実用的、効率的…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

津和野・鷲原八幡宮における流鏑馬神事 2015年4月  流鏑馬編・第1回目

古式ゆかしい神事‘流鏑馬‘を撮影してきました。 4月12日・山口は津和野・鷲原八幡宮の流鏑馬神事です。  朝4時前に目覚ましの前に飛び起き、中国自動車道を、六日市ICに向けひた走りました。 9時すぎ、津和野に入る大きな朱色の鳥居を潜りぬけました。本日の駐車場である道の駅に車を止めましたが、すでに普通車の駐車場はほぼ満杯で、仕方…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

広島西条の吟醸酒産みの親、三浦仙三郎翁誕生の地と 安芸津・榊山八幡神社

前回、広島は安芸津町の遺跡「トンカラリン」をご紹介しました。前回のお約束通り、探索の帰り道、立ち寄った歴史ある安芸津「榊山八幡神社」をご紹介します。 榊山八幡神社は、神社由緒記(境内由緒書き)によると、 由緒 『当社は用明天皇(586~587)の御代、執権職青木兵部が宇佐八幡宮三座を当地片山(或は鳴河とも云う)に勧請し、後に長…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神社紀行  備後国総鎮守一宮「吉備津神社」 奇祭「ほら吹き神事」

二月の節分時期に、車で1時間半ちょっとの、広島県では広島市についで二番目の人口をかかえる「福山市」(備後の国)に古くから鎮座し、地元ではイッキュウさん(一宮さん)と呼ばれ親しまれている、備後国一宮「吉備津神社」を訪ねました。 JR新市駅から26号線を北へ2Kmほど行くと、禊を行ったといわれる「御池」に出会います。その先、左手の奥が神社…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more