安芸.石見地方神楽紀行

アクセスカウンタ

zoom RSS 『高千穂の夜神楽』 手力雄の舞 鈿女の舞 戸取の舞 

<<   作成日時 : 2015/03/22 12:16   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 0

広島の大型ショッピングモールで、九州観光のイベントがあり、宮崎は高千穂の「高千穂夜神楽」が紹介されました。
高千穂の夜神楽は、ウィキペディアによると、「高千穂の夜神楽(たかちほのよかぐら)は、宮崎県西臼杵郡高千穂町に伝わる民俗芸能。毎年11月中旬から2月上旬にかけて、町内のおよそ20の集落でそれぞれ氏神を民家等に迎えて奉納される神楽の総称である。幸多き秋の実りに感謝し、来年の豊穣を祈願するため神々に33番の神楽を奉納する。その他、一般向けに天岩戸神社の「天岩戸夜神楽33番大公開まつり」(11月3日)や高千穂神社の「神話の高千穂夜神楽まつり」(11月22・23日)としても披露され、高千穂神社の神楽殿では年間を通じて毎夜観光客向けに代表的な4番を演じている。国の重要無形民俗文化財。」以上ウィキペディアより出典
広島も神楽が盛んですが、高千穂も毎日のように開催され、全国からの観光客で賑っています。

高千穂町観光協会 高千穂神楽トップページによると、
「高千穂神社境内の神楽殿では、毎晩夜8時から、夜神楽演目33番の内、代表的な4番「手力雄の舞」「鈿女の舞」「戸取の舞」「御神体の舞」が舞われています。高千穂に伝承の神楽は、「岩戸神樂」に分類されるもので、
民俗文化財に指定され、 天照大神が天岩戸にお隠れになったおり、岩戸の前で、天鈿女命(あめのうずめのみこと)が舞ったのが始まりと伝えられるものです。
古くからこの地方に伝承され、秋の実りへの感謝と翌年の豊穣を祈願し、 11月中旬から2月上旬にかけて三十三番の神楽があちこちの神楽宿で奉納されます。」 と紹介されています。

夜神楽は三十三の番があり氏神様を神楽宿に迎えた夕方から始まり翌日の昼前まで舞い続けられています。

今回、広島で紹介された演目は、

(1)手力雄(たぢからお)の舞
(2)鈿女(うずめ)の舞
(3)戸取(ととり)の舞

の三演目でした。

石見や安芸の、新舞のようなストーリー性はありませんが、観ていてなにか新鮮でした。
画像は、観客の頭越しに、暗がりの中、手持ちで撮影の為、ほとんどがブレブレですが、ご容赦願います。
なるべく、画像に迫力がでるように努めました。
画像

-------------------------------------------------------------------------------------------
(1)手力雄(たぢからお)の舞

画像

画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像


-----------------------------------------------------------------------------------------
(2)鈿女(うずめ)の舞

画像

画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像


------------------------------------------------------------------------------------------
(3)戸取(ととり)の舞

画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 16
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『高千穂の夜神楽』 手力雄の舞 鈿女の舞 戸取の舞  安芸.石見地方神楽紀行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる