安芸.石見地方神楽紀行

アクセスカウンタ

zoom RSS あやめの前の終焉の地 東広島 原の小倉山 「小倉神社」

<<   作成日時 : 2017/07/04 11:24   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

当サイトは、安芸国賀茂郡(東広島西条)に伝わる源頼政の側室、菖蒲御前(あやめの前)の伝説地写真紀行の本文(後編)のサブサイトです。

◆参考までに本文のURLは、
http://hiroshimakagura.at.webry.info/201707/article_1.html

あやめの前の終焉の地 東広島 原の小倉山 「小倉神社」


あやめの前没後、生き残った郎党と近くの里人によって、あやめの前は’小倉大明神’として祀られました。これが小倉神社です。
小倉神社は、麓と山中の二所あり、麓を’下の神社’、山の方を’上の神社’と、地元ではそうよんでいます。
現在は無人の小倉神社を、下の小倉神社の側にある「小倉院園福寺」が守り引き継いでいるようです。

当方は、今回の撮影は二度目になります。1度目はあやめの前伝説を知らずに、厳しい山の中にある神社ということで、トレールBikeで訪れています。今回は、麓の畑の側のあぜ道に車を置かせていただき、徒歩での参拝です。

神社は、かなりの直線でしかも未舗装の参道を歩かなければなりません。周辺は陸上自衛隊の演習地内です。
写真のように、当日は演習日であったようで、隊員がジープで、演習地立ち入りをチェックしておられました。
静かな森に時折、機関銃のような発射音が響いて、あまりいい気はしませんでした。少し緊張気味に深い谷合の神社を目指しました。参道はキャタピラーの跡やトラックのタイヤ痕で掘り返され、ぬかるんでおり、スニーカーが黄色い泥だらけです。雨の後の参拝は避けた方が懸命かもです。
麓の畑の側のあぜ道に車を置かせていただき、徒歩で参拝しましたが、麓から神社本殿までは直線の参道約15分かかりました。



画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像



         ↓下の小倉神社そばの’小倉院園福寺’
画像


画像


         ↓上の小倉神社への参道 
画像


画像


         ↓基地の中を通過する参道
画像


画像


画像


画像


画像


画像

画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像




           ↓あやめの前を祭神とした小倉神社
画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像
画像
画像
画像



画像


画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
あやめの前の終焉の地 東広島 原の小倉山 「小倉神社」 安芸.石見地方神楽紀行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる