再外注先のソフトハウスの方々、大変でしょうが、一刻も早いBlogの回復を祈念しております。

これまで蓄積したBlogのコンテンツが大変なことになってしまっています。 文中のURLは、ただの文字列化してしまったり、各記事の背景がTOP画面の背景と同じになってしまったり、最悪なのは、これまでの写真が大きく拡大できなくなってしまったことです。 一刻も早く、元に戻して欲しいです。KD○Iから請け負った、再外注先のソフトハウスの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

 青柴垣神事(古事記,事代主神) 美保関・美保神社例大祭紀行 序説

古事記国譲りゆかりの美保神社(松江)特殊神事「青柴垣神事」紀行                       序説 4月7日、高速松江道を走って、松江の美保関に鎮座する美保神社を訪ねました。当日は、年に一度の例大祭の日にあたり、『青柴垣』という珍しい特殊神事が行われます。 青柴垣…は、古事記の国譲りに表現されており、美保神社…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

2019年 明けましておめでとうございます。

新年、明けましておめでとうございます。本年もどうぞ 当Blogを宜しくお願いします。 あっという間に年が越しましたネ。本日はもう4日です。 恥ずかしながら我が家のお正月の一端を、写真でご紹介します。          しめかざり                   (ほぼほぼ当方の手作りです) 赤い南天…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

「農村舞台」徳島の阿波人形浄瑠璃公演 犬飼農村舞台その3 傾城阿波の鳴門

徳島の農村舞台における阿波人形浄瑠璃公演のその3です。 その1で、犬飼農村舞台と五王神社での奉納、その2で農村舞台での三番叟の公演の様子をご紹介しました。 今回、その3は、太夫・竹本友和嘉氏による 傾城阿波の鳴門 順礼歌の段のご紹介です。 太夫の竹本友和嘉氏は、今年、国の重要無形文化財・浄瑠璃「義太夫節」の総合…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「農村舞台」徳島の阿波人形浄瑠璃公演 11月3日犬飼農村舞台 その2式三番叟

徳島の農村舞台における阿波人形浄瑠璃公演のその2です。 。 前回その1では、徳島の五王神社での、式三番叟の奉納の様子をご紹介しました。 奉納が終わり、神社境内の広場に立つ農村舞台に三番叟の人形達が帰ってきました。 開演前にちょっと一休み(笑)             いよいよ、農村舞台での阿波人形浄…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「農村舞台」徳島の阿波人形浄瑠璃公演 11月3日犬飼農村舞台 その1舞台紹介

平成30年11月3日、広島から徳島に車を走らせました。 徳島へは阿波踊りのお盆時期以外、初めての紀行です。 今回の旅の目的は、徳島の「農村舞台」で行われる阿波人形浄瑠璃の公演の撮影です。 自宅を早朝4時半に出発し、山陽自動車道~倉敷JCT~瀬戸中央自動車道~高松自動車道~徳島自動車道 ~一般道で徳島市八多町八屋の五王神社境内に、…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

源頼政側室 菖蒲御前(あやめの前)東広島西条・伝説地紀行【後篇】

源頼政側室 菖蒲御前(あやめの前)の安芸国賀茂荘(東広島西条)における伝説地紀行の後篇のご紹介です。  ※前篇のURLを掲載しておきます。前篇を先にご覧いただけると嬉しいです‥。各々の伝説地の写真を掲載したURLもご覧いただければと思います。 前篇! http://hiroshimakagura.at.webry.info/2…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

あやめの前終焉の地 小倉神社傍 あやめの前宝篋印塔 

当サイトは、安芸国賀茂郡(東広島西条)に伝わる源頼政の側室、菖蒲御前(あやめの前)の伝説地写真紀行の本文のサブサイトです。 ◆参考までに本文のURLは、 http://hiroshimakagura.at.webry.info/201707/article_1.html あやめの前終焉の地 小倉神社傍 「あやめの前宝…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

あやめの前が二神山城落城の際に守ってくれた愛馬を祀った 「馬頭観音」

当サイトは、安芸国賀茂郡(東広島西条)に伝わる源頼政の側室、菖蒲御前(あやめの前)の伝説地写真紀行の本文のサブサイトです。 ◆参考までに本文のURLは、 http://hiroshimakagura.at.webry.info/201707/article_1.html あやめの前が、二神山城落城の際に守ってくれた愛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あやめの前が二神山城落城の際、逃避行時愛馬の腹に隠れ逃れた地

当サイトは、安芸国賀茂郡(東広島西条)に伝わる源頼政の側室、菖蒲御前(あやめの前)の伝説地写真紀行の本文のサブサイトです。 ◆参考までに本文のURLは、 http://hiroshimakagura.at.webry.info/201707/article_1.html あやめの前が二神山城落城の際、逃避行時愛馬の腹…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

あやめの前の息子、二神山城主水戸新四朗ゆかりの 「若宮神社」

当サイトは、安芸国賀茂郡(東広島西条)に伝わる源頼政の側室、菖蒲御前(あやめの前)の伝説地写真紀行の本文のサブサイトです。 ◆参考までに本文のURLは、 http://hiroshimakagura.at.webry.info/201707/article_1.html あやめの前の息子、二神山城主水戸新四朗ゆかりの 「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あやめの前縁の 頼政の次男国政が逃れた安芸国小田 小宇治屋長者墓

当サイトは、安芸国賀茂郡(東広島西条)に伝わる源頼政の側室、菖蒲御前(あやめの前)の伝説地写真紀行の本文のサブサイトです。  ◆参考までに本文のURLは、 http://hiroshimakagura.at.webry.info/201707/article_1.html あやめの前縁の 頼政の次男国政が逃れた安芸国小田 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あやめの前が、頼政の遺言で創建したと伝わる 二葉の里 鶴羽根神社

当サイトは、安芸国賀茂郡(東広島西条)に伝わる源頼政の側室、菖蒲御前(あやめの前)の伝説地写真紀行の本文のサブサイトです。 ◆参考までに本文のURLは、 http://hiroshimakagura.at.webry.info/201707/article_1.html あやめの前が、頼政の遺言で創建したと伝わる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あやめの前が二神山城落城の際、追っ手に追われた伝説の 「姫ヶ池」

当サイトは、安芸国賀茂郡(東広島西条)に伝わる源頼政の側室、菖蒲御前(あやめの前)の伝説地写真紀行の本文のサブサイトです。 ◆ 参考までに本文のURLは、 http://hiroshimakagura.at.webry.info/201707/article_1.html あやめの前が二神山城落城の際、追っ手に追われた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あやめの前の終焉の地 東広島 原の小倉山 「小倉神社」

当サイトは、安芸国賀茂郡(東広島西条)に伝わる源頼政の側室、菖蒲御前(あやめの前)の伝説地写真紀行の本文(後編)のサブサイトです。 ◆参考までに本文のURLは、 http://hiroshimakagura.at.webry.info/201707/article_1.html あやめの前の終焉の地 東広島 原の小倉山 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

源頼政側室 菖蒲御前(あやめの前)東広島西条・伝説地紀行【後篇】

源頼政側室 菖蒲御前(あやめの前)の安芸国賀茂荘(東広島西条)における伝説地紀行の後篇のご紹介です。  ※前篇のURLを掲載しておきます。前篇を先にご覧いただけると嬉しいです‥。各々の伝説地の写真を掲載したURLもご覧いただければと思います。 前篇! http://hiroshimakagura.at.webry.info/2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あやめの前の息子、二神山城主水戸新四朗が勧誘の 「氏神社」

当サイトは、安芸国賀茂郡(東広島西条)に伝わる源頼政の側室、菖蒲御前(あやめの前)の伝説地写真紀行の本文のサブサイトです。 参考までに本文のURLは、 http://hiroshimakagura.at.webry.info/201705/article_1.html あやめの前の息子、二神山城主水戸新四朗が勧請・勧誘の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あやめの前が、頼政や子の種若丸菩提の為創建 猪早太縁の「観現寺」

当サイトは、安芸国賀茂郡(東広島西条)に伝わる源頼政の側室、菖蒲御前(あやめの前)の伝説地写真紀行の本文のサブサイトです。 参考までに本文のURLは、 http://hiroshimakagura.at.webry.info/201705/article_1.html あやめの前が、頼政や子の種若丸菩提の為創建 猪早太縁…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あやめの前が再建し数々の遺産が残る、三永の古刹「福成寺」

当サイトは、安芸国賀茂郡(東広島西条)に伝わる源頼政の側室、菖蒲御前(あやめの前)の伝説地写真紀行の本文のサブサイトです。 参考までに本文のURLは、 http://hiroshimakagura.at.webry.info/201705/article_1.html あやめの前が再建し数々の遺産が残る、三永の古刹 福成…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あやめの前が、頼政の子を産んだと伝わる「寿福寺(現在の徳行寺)」

当サイトは、安芸国賀茂郡(東広島西条)に伝わる源頼政の側室、菖蒲御前(あやめの前)の伝説地写真紀行の本文のサブサイトです。 参考までに本文のURLは、 http://hiroshimakagura.at.webry.info/201705/article_1.html あやめの前が、頼政の子を産んだと伝わる 寿福寺(現在…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あやめの前が、落延びる際に乳が出るようお祈りした「安浦の稚児明神」

当サイトは、安芸国賀茂郡(東広島西条)に伝わる源頼政の側室、菖蒲御前(あやめの前)の伝説地写真紀行の本文のサブサイトです。 参考までに本文のURLは、 http://hiroshimakagura.at.webry.info/201705/article_1.html 安浦に伝わる平家伝説 あやめの前が乳が出るようお祈…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あやめの前が、平家から逃れて潜んだ西条 「吾妻子の滝」

当サイトは、安芸国賀茂郡(東広島西条)に伝わる源頼政の側室、菖蒲御前(あやめの前)の伝説地写真紀行の本文のサブサイトです。 参考までに本文のURLは、 http://hiroshimakagura.at.webry.info/201705/article_1.html あやめの前が、平家から逃れて潜んだ西条 「吾妻子の滝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

源頼政側室 菖蒲御前(あやめの前)東広島西条・伝説地紀行【前篇】

菖蒲御前(あやめの前) 東広島(安芸国賀茂郡)に伝わる伝説地写真紀行 あやめの前はとても美人であったせいか、国内には多くの伝承が残されており、全国の彼方此方で、あやめの前の供養塔や墓といわれる宝篋印塔などの石造物をみることができます。あやめの前を祭神と崇めた神社も確認できます。 そんな不思議な伝説をもつ、あやめの前の人生の後半の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

三原・幸崎能地春祭り2017 [神童] 8人の神童 ふとんだんじり

三原の幸崎能地で行われた春祭りの第二回目です。 今回は、「神童」たちのご紹介です。 神童たちは、祭りの期間中、ふとんだんじり(楽車)に乗り込んで太鼓を打ち続けたり、神社前で「獅子太鼓」を奉納したり、能地春祭りの重要な役割を担います。町内の1丁目から4丁目まで、それぞれ5歳から8歳ぐらいの、化粧をして着飾った男の子8人の規模です。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原小夏祭り・神楽 広森神楽団(安芸髙田市美土里町本郷)「蜘蛛」 2016年8月6日  

原小夏祭り神楽の第二弾は、安芸髙田市美土里町本郷で八調子高田舞を保存、伝承されている広森神楽団さんの「土蜘蛛」です。 画像紹介の前に、「土蜘蛛」について、簡単にご紹介します。 神楽土蜘蛛の出典は謡曲「土蜘蛛」で、別名を「葛城山」ともいい同じ内容です。 大和の国、葛城山に土蜘蛛の精魂が古くから住み着いていました。朝廷に従わず…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

原小夏祭り・神楽 出演神楽団及び社中(山王・広森・中川戸・後野・大塚)2016年8月6日

2016年8月6日土曜日に、東広島市八本松町の原小学校グランド特設会場で開催された 「神楽」をご紹介します。毎年撮影に出かけており、この行事は私の年間恒例行事となって います。 この夏祭りは、小学校の父兄やOBはもとより地域の方々の夏祭りとして根付いており、 開催にあたっては、会場のグランド周りの草刈からはじまって、舞台設営…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

竹原やっさっさ流し踊り(津軽三味線引き流し)

「安芸の小京都」とよばれ古くから港町として栄えた、竹原市(人口2万8千)の重要伝統的建造物群保存地区で昨年10月に開催された「たけはら竹まつり」の画像を、当方の画像ライブラリより引き出し、ご紹介します。 竹原は、市の名前のように、まわりには多くの竹が自生しており、毎年10月に「竹原 町並み竹灯り~たけはら憧憬の路~」として、町並み保存…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

釣れない陸っぱりを打開する「超遠投ウキ釣り仕掛け」 【考察・遠投ウキ仕掛】No2

前回のNo1に続いて‥ 前回は前置きでしたが、今回はいよいよ本題に入りたいと思います。 私が釣行で経験を重ねた結果で、現時点で最適と思っている仕掛けのご紹介です。 大きくはカゴ釣りの一般的な仕掛けですので、 な~んだ、これなら知っているって方もおられるかと思いますが、そこはクレームなしでお願いします。 この仕掛けの目的…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

釣れない陸っぱりを打開する「超遠投ウキ釣り仕掛け」 【考察・遠投ウキ仕掛】No1

再開早々、今回は少々マニアックなblogになってしまうことをお許し下さい。 情報量が多い為、二回に分かれるかと思います。 私の趣味の一つに「釣り」があり、これまでもカヤックフィッシングなどをご紹介してきました。 歳を食った今でも、月に2度はコンスタントに釣行を楽しんでいます。 なぜ、月2かというと、月に2度大潮を向かえるから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

blog再開します。今後とも宜しくお願いします。SiSi

こんにちは。 いつもご来場いただいている方々に、お詫びです。 昨年10月からblog中断してしてしまい、申し訳けございませんでした。 この間、何人かの方々に心配のメールを頂戴しましたこと、厚く御礼申し上げます。 さて、いつの間にか年が明け、春が過ぎ去り、今年ももう半分が過ぎてしまっておりました。   …月日がたつのは早いも…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

中国地方の秀峰「伯耆・大山」(鳥取県・別名伯耆富士)に登ってきました。第2回目(後編)

大山登山の後半です。 前回1回目では、6合目の避難小屋での強風退避のご紹介で終わっております。 そこから山頂までのご紹介ですが、深い霧と強風と雨のお蔭で、命を優先し、大きな一眼レフカメラは、バッグにしまってしまいました。写真は撮れずじまいですが、もし仮に撮れたとしても、霧で何も映らなかったでしょう。 6合目からは、大きな木が消…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

中国地方の秀峰「伯耆・大山」(鳥取県・別名伯耆富士)に登ってきました。2015年10月

日本百名山のひとつ、中国地方の秀峰「大山」に登ってきました。 二回に渡って、大山紀行をご紹介します。第1回は、自宅から登頂までの記録。第2回は、大山の全景中心のご紹介となります。  大山は、鳥取県に位置し、標高は1,720m級で、中国地方の最高峰です。大山は日本海側の米子方面から見ると富士とよく似ていて、別名伯耆富士と呼ばれてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

尾道三大夏祭り 御袖天満宮 『天神祭』 「勇壮五十五段大神輿還幸の儀(最終日)」

大林監督の映画「転校生」で一夫と一美の階段落ちで有名な石段のある、尾道・御袖天満宮のお祭りに出かけてきました。 55段の階段を神輿が上り下りする「勇壮五十五段大神輿還幸の儀(最終日)」です。 前回の当Blogのご紹介から日が経ってしまったこと、お詫びします。 ------------------------------…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

尾道・夏の祭り 久保八坂神社・祇園祭り「三体神輿」  後編

尾道の三大夏祭りのひとつ、「久保八坂神社の例祭」三体神輿・三体廻しの後編です、 御神体を乗せた三体の神輿が市内を練り歩いたのち、尾道渡船桟橋前の路上へ集結しました。 八坂神社の一本の幟を三体の神輿が勢いよくまわりながらタイムを争います。 ・三体揃い踏み ・三体によるタイムトライアル ・三体廻し ・タイムトライアルによる優…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

尾道・夏の三大祭り 久保八坂神社・祇園祭り「三体神輿」  神輿三体揃い踏み 前半の部

夏の尾道、三大夏祭りのひとつ、久保八坂神社の例祭・祇園祭り三体神輿を撮影してきました。 夕刻、八坂神社での神事の後、御神体を乗せた三体の神輿が夫々尾道商店街を練り歩いたのち、市役所に近い尾道渡船桟橋前の広い路上へ集結します。 広場(道路)中央には八坂神社の染め抜きのある一本の幟(のぼり)が立てられており、この幟を中心に三体の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「たけはら竹祭り」 安芸の小京都・竹原市にて   かぐや姫道中 竹のお祭り

広島の南中部、人口三万たらずの竹原市で「たけはら竹祭り」がありました。 瀬戸内の沿岸に面し、市街地には古い文化財が集中する町並み保存地区「都市景観100選」があります。「安芸の小京都」と呼ばれるこじんまりとした古き良き文化の匂いがするところです。市の名「竹の原」で示されるように町の周りは竹林で覆われていて、竹の子や竹細工が市の特産物に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

防府天満宮女神輿渡御 「2015年 第1回 おんなみこし連合渡御」 No2 防府天満宮奉納

4月29日(祝日)防府天満宮のある山口は防府で開催された「第1回 おんなみこし連合渡御」の後半のご紹介です。 第1回目の今回は、福岡・松江・松山・岐阜・山口の御輿6団体総勢約400人が集結した艶やかなお祭りです。防府銀座商店街をぬけ防府天満宮までの1.2キロ女性たちが神輿を担ぎ、練り歩いて、防府天満宮までやってきました。 防府…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

防府天満宮女神輿渡御  ~幸せますフェスタ2015~ 「第1回 おんなみこし連合渡御」No1

4月29日(祝日)防府天満宮のある山口は防府で「第1回 おんなみこし連合渡御」があるという情報が入ったので、早速カメラ3台助手席に放り投げ、早朝の高速をひた走りました。 第1回目の今回は、福岡・松江・松山・岐阜・山口の御輿6団体総勢約400人が集結しました。 お昼に、防府駅前で6団体の紹介の後、防府銀座商店街をぬけ防府天満宮まで…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

津和野・鷲原八幡宮における流鏑馬神事 2015年4月  流鏑馬編・最終

4月12日・山口は津和野・鷲原八幡宮の流鏑馬神事の最終編です。 的(板)に見事に命中した写真や、落馬の写真もあります。 第1回目、2回目は http://hiroshimakagura.at.webry.info/201504/article_6.html http://hiroshimakagura.at.webry.in…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山口津和野・鷲原八幡宮における流鏑馬神事のご紹介  2015.4 小笠原流弓馬術

前回に続き、津和野・鷲原八幡宮での流鏑馬神事です。 今回は、小笠原流の宗家嫡男さま(若)・小笠原清基氏の特集をさせて頂きます。 小笠原流は鎌倉時代より、礼法・弓術(弓道)・弓馬術(流鏑馬)の三つを教授する宗家です。  ご紹介の若・小笠原清基氏を私が知ったのは、昨年清基氏の著書『疲れない身体の作り方: 実用的、効率的…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

津和野・鷲原八幡宮における流鏑馬神事 2015年4月  流鏑馬編・第1回目

古式ゆかしい神事‘流鏑馬‘を撮影してきました。 4月12日・山口は津和野・鷲原八幡宮の流鏑馬神事です。  朝4時前に目覚ましの前に飛び起き、中国自動車道を、六日市ICに向けひた走りました。 9時すぎ、津和野に入る大きな朱色の鳥居を潜りぬけました。本日の駐車場である道の駅に車を止めましたが、すでに普通車の駐車場はほぼ満杯で、仕方…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

里の春、山の春  里山の遅い春の訪れ つくしとワラビと山桜と

里は菜種梅雨の影響で、あっという間に桜は花を散らしてしまいました。 山は、土筆、ワラビ、山桜…未だ春まっさかりでした。 空と、山と、小川と、沼と、桜と、この地は日本の縮図です。冬も、春も、夏も、秋も、年中ここには里山の四季があります。今年はすでに4回もここを訪れています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

我が家の庭の春  雑草の中に沢山春が訪れました  「ド素人のマクロ撮影」

今回は、我が家の庭に雑草の如く、野生化した花木、草花、山野草の春の花のご紹介です。   花の命は短くて…         風も吹くなり 雲も光るなり 生きてゐるしあわせは 波間の鷗のごとく            漂渺とたゞよひ 生きてゐる幸福は あなたも知ってゐる 私もよく知ってゐる          花のいの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「散る桜 残る桜も 散る桜」 2015年 桜吹雪の下で…

桜の開花宣言とともに始まった菜種梅雨の途切れた合間に、満開の桜を撮影してきました。 おりからの強風で、すでに見ごろを終えた桜から吹雪の様に散る桜を、堪能することができました。 うちに帰り上着を脱ぐと、ついてきた花弁が一枚、玄関にゆらりと落ちていきました。                        散る桜…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

松原神楽社中(浜田市三隅町) 石見神楽『十羅刹女』 後半 マリーナホップにて

島根県の浜田市三隅町岡見に拠点をおかれ、活躍されている『松原神楽社中』さんの石見神楽・「十羅刹女」の後半をお楽しみください。 神と鬼女、ふたりだけの神楽ですが、大迫力!です。 ■前半はここです。 http://hiroshimakagura.at.webry.info/201504/article_1.html --…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

松原神楽社中(浜田市三隅町) 石見神楽『十羅刹女』 前半 マリーナホップにて

島根県の浜田市三隅町岡見に拠点をおかれ、石見地方はもとより広島でも活躍されている『松原神楽社中』さんの石見神楽をゆっくりと楽しんできました。 松原社中さんは、早くよりわたくしめの当Blogをリンクいただいております。 この度の撮影枚数は、過去最高の2000枚を超えました。容量の関係で、ほんの一部のご紹介となりますが、静止画から舞いの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『高千穂の夜神楽』 手力雄の舞 鈿女の舞 戸取の舞 

広島の大型ショッピングモールで、九州観光のイベントがあり、宮崎は高千穂の「高千穂夜神楽」が紹介されました。 高千穂の夜神楽は、ウィキペディアによると、「高千穂の夜神楽(たかちほのよかぐら)は、宮崎県西臼杵郡高千穂町に伝わる民俗芸能。毎年11月中旬から2月上旬にかけて、町内のおよそ20の集落でそれぞれ氏神を民家等に迎えて奉納される神楽の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

広島西条の吟醸酒産みの親、三浦仙三郎翁誕生の地と 安芸津・榊山八幡神社

前回、広島は安芸津町の遺跡「トンカラリン」をご紹介しました。前回のお約束通り、探索の帰り道、立ち寄った歴史ある安芸津「榊山八幡神社」をご紹介します。 榊山八幡神社は、神社由緒記(境内由緒書き)によると、 由緒 『当社は用明天皇(586~587)の御代、執権職青木兵部が宇佐八幡宮三座を当地片山(或は鳴河とも云う)に勧請し、後に長…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more