福山・明王院(国宝)五重塔 南北朝を代表する建築物

龍馬ゆかりの鞆を離れ、一路帰路につきます。でも忘れてはいけないお寺が帰り道にあるのでちょっと寄り道です。いつもこのあたりに来ると立ち寄って、素敵な鐘の音を聞いて心を休めるお寺「明王院」です。冬の五重塔を撮影してきました。夜が近いので、急いで一周です。
ここには赤くて古さを感じさせない五重塔があります。端整というか荘厳というか、なかなかぴったりの形容詞がみあたりません。


画像






  ■明王院五重塔

  鞆の浦の瀬戸内海岸から約20分くらい河(芦田川)を遡ると、国宝の五重塔に
  出会います。 そこは、南北朝時代1348に建てられた明王院、全国の五重塔
  の中でも五番目に古い南北朝時代を代表する建築の一つです。奈良の興福寺が
  1426年、山口の瑠璃光寺が1442年、
  京都の東寺が1644年ですから、わが国でも古い塔の部類になります。

  この塔の真下の中洲は、草戸地区という’日本のポンペイ’と呼ばれる「草戸千軒
  町遺跡」があります。川の中洲と瀬戸内海の一番奥の入り江にあった集落が一夜
  にして上流からの大水により洪水にあい、一瞬にして埋まった遺跡です。掘り出さ
  れた当時の生活用品が展示され、住居がそのまま再現され、これらは少し離れた
  「福山市立博物館」で鑑賞できます。
  五重塔は、一夜にして埋まってしまう直前迄は、当時瀬戸内の入り江が寺の目の
  前まできていたらしく、港町に行きかう船から可憐な五重塔が見え、船旅の疲れを
  癒したのかもしれません。寺や五重塔は幸運にして、小高い丘に建築の為、660
  年もの長い時をそのままの姿でキープできたようです。



画像



画像



画像


画像



画像



画像



画像




●動画 明王院の鐘の音と五重塔のある境内360度



画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


●地図



--------------------------------------------------------------------------------


●(参考)最近みた全国の五重塔


画像


       ●↑奈良・法隆寺

画像


       ●↑奈良・興福寺

画像


       ●↑山口・瑠璃光寺


*五重塔の真下に立って、塔を見上げてください。何を感じますか。何が見えますか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2010年02月12日 05:06
おはようございます。
もう2時間前から起きてますよ。
何時も寝れなくて3時間くらいしか寝ていません。
仕事から帰ってPCやってたら眠くなって2時間くらい横になります。

ししさんは相変わらずの旅人さんですね。
それに可愛い「ぼにょにょ」まで飼ってるんですか?
世話が大変でしょうね~。
趣味の広さにビックリです。これでは私以上に寝る間がないのでは?

山口・瑠璃光寺は行きましたよ。何処の五重の塔も同じに見えます(-_-;)
中はどんなになってるのでしょう?
2010年02月12日 05:11
アッチャ~、2回も付いちゃいました。1つとこのコメ削除して下さいね。
今日、新しいPCが来ます。使いこなせるか心配です。
神楽が当分無いしPCと遊んでいます。
ヤンチャ子様、ししです。
2010年02月12日 08:26
毎度睡眠時間が短いですね。一日が長いでしょう。一日が長いということは人生が長い?
新しいパソコンは速度が速いから、ネットサーフィンが楽しいでしょうね。羨ましいです。当方は週末の度に彼方此方ガソリンがいるので、新しいパソコンまで手が届きません。Windows7使ってみられた感想をまたお知らせください。

この記事へのトラックバック