テーマ:神楽

浜田市世界こども美術館『2012カグラ!展』 関連イベント 石見神楽「天神」

                           「こち吹かば匂ひおこせよ梅の花 主なしとて春な忘れそ」                                                        我は北野の神とぞや 岩屋が下の花を見んとは        (自分は北野の神である 自分がこんな岩屋に閉じ込め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浜田市世界こども美術館『2012カグラ!展』 関連イベント 田ばやしと神楽を楽しもう!

今年も、浜田市の世界こども美術館のイベント『カグラ!展』に行ってきました。 今回のご紹介は、三団体の出演ですが、三隅地方に伝承する、豊作を願って、田の神「さんばいさん」に奉納する「田囃子」は、いつの頃か「小笠原流、三隅の田ばやし」として、三隅町井野八幡宮の境内末社、杵築神社の例祭で奉納されるようになったと言われています。 以…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神楽・儀式舞  『潮祓』  『手草』(旧舞い・六調子)  筏津神楽団 高野神楽団

①『潮祓』しおはらい…筏津神楽団さん 舞座を清める儀式舞です。 四方祓といっている団もあります。 神々に神楽を奉納する舞台を清め神をお迎えする最初の舞いです。 この演目の中に、神楽の基本が全て入っているといわれ、団の中でもベテランの方が最初に舞います。 ②『てくさ』 … 高野神楽団さん(山県郡北広島町) 手…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石見神楽『鐘馗』(しょうき) ’茅の輪’の神事   石見神楽・美川西神楽保存会さん  後半

             石見神楽『鐘馗』後半 神「我は鐘馗といへる神なり。この頃玄宗皇帝疫神のために冒され悩むと聞く。 我その病を救はんがため、かの疫神を退治せばやと思ふなり。」 -------------------------------------------------------------------…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石見神楽『鐘馗』(しょうき) ’茅の輪’の神事   石見神楽・美川西神楽保存会さん  前半

石見神楽『鐘馗』 鐘馗は、中国の「鍾馗」の物語と、我が国の「茅の輪」の故事(建須佐之男命と蘇民将来) が合体した旧舞いに属するコテコテの石見神楽の演目です。 神と禍いの鬼(疫神)しか出演しませんが、大変石見神楽らしい、スリリングで重厚な神楽 の演目で、奉納神楽では必ず団(社中)のベテランの方が舞います。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

23年度筒賀大歳神社秋季例大祭奉納神楽 「梶原神楽団」山県郡安芸太田町 No1

今年も出かけてきました、筒賀の大銀杏!詳しくは昨年のBlogをご覧ください。推定樹齢1,100年の天然記念物指定の大銀杏の木、今年も黄色く色づいていました。12月に入ると、地面が落ち葉でまっ黄色に染まることでしょう。 http://hiroshimakagura.at.webry.info/201011/article_6.htm…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東城『お通り』2011 広島県庄原市東城町 城下町東城の時代絵巻 行列出発前

昨年につづき、今年も撮影してきました、広島県は東部、岡山よりの山郷、城下町東城で開催された伝統行事『お通り』です。このお祭りに向け、町ぐるみで準備や運営をされているこの町、最大の行事です。 「お通り」は、4つの行列から構成されています。 ①武者行列 1600年の関が原の戦いで安芸の毛利氏の変わりにやってきた福島正則の家老長尾隼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鬼文化伝承保存会 【創作神楽 宇治川】 秋の海田東公民館まつりにて 後半

   広島県安芸郡海田町の「海田東公民館まつり」での    鬼文化伝承保存会さんの創作神楽 「宇治川」後半です。    まずは前回のBlog前半をご覧いただいた後で、後半をお楽しみください。    撮影は、スポット照明の全く無い、体育館のステージでの撮影で、    しかも観客を考慮して、三脚なし。動きのある神楽で、撮影は困難…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

鬼文化伝承保存会 【創作神楽 宇治川】 秋の海田東公民館まつりにて 前半

改めて… 神楽は、神道の神事において神に奉納するために奏される歌舞です。古事記や日本書紀の’岩戸隠れのくだり’で天照大神が天岩戸に隠れて世界が暗闇になったときに、アメノウズメ(天宇受賣命)が神懸りして舞ったという神話が神楽の起源といわれています。したがって、元々の神楽は、神を楽しませる神事で神職(神官)が舞うのが起源でした。時代を経て…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

光廣神社 大祭奉納神楽 北広島町「西宗神楽団」 ★筑波山

光廣神社(安佐南区八木)のお祭りの奉納神楽の第二編です。前回は、儀式舞いについで 筑波山の前半部分をご紹介しました。今回は、後半の鬼女を退治するシーンのご紹介です。 出演の神楽団は、山県郡は北広島町の「西宗神楽団」さんです。 承平天慶の乱で藤原秀郷、平貞盛らにより討伐された平将門に仕えていた女が、 主人の将門…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

光廣神社 大祭奉納神楽 北広島町「西宗神楽団」

琴引エンデューロ・シリーズが続いてしまったので、このあたりで、本来の「神楽」に戻ります(笑) 奉納神楽をはさみ、またエンデューロ大会の後半をご紹介します。 少し前の画像になります。光廣神社(安佐南区八木)のお祭りの奉納神楽の様子です。 出演の神楽団は、山県郡は北広島町の「西宗神楽団」さんです。 奉納神楽は、神社境内の向かって…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

神楽「悪狐伝・中篇」の後半No2  安芸高田市『桑田天使神楽団』丘陵公園秋祭りにて

前回は、十念寺に狐が化けた美しい女人を和尚の珍斉さんが一夜の宿を貸すところまででした。 今回の後半は、女人に化けた悪狐が正体を現し、珍斉さんを誑かし食ってしまいます。 都から追ってきた弓引きの名人・三浦介、上総介が、金毛白面九尾の狐に戻った悪狐を弓矢で見事討ち取るというストーリーです。 舞いと写真をみていただければ、解説はいりませ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

神楽「悪狐伝・中篇」  神降し~悪狐伝 安芸高田市『桑田天使神楽団』丘陵公園秋祭りにて

久しぶりの神楽のご紹介です。 今回は先日の秋祭りに、備北丘陵公園の神楽殿で行われた安芸高田桑田の「桑田天使神楽団」さんです。 安芸高田のホームページによると、 「当団のある桑田の集落では、江戸時代後半には、神楽が奉納されていたという記録が残されており、かなり古くから神楽が行われていました。舞や奏楽のなかにも、石見六調子神楽の古…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

加計「かえるまつり」2011  ステージイベント(神楽) 塵倫’高下神楽団’

安芸太田町加計で開催された「かえるまつり」のステージイベントです。 地元加計には多くの神楽団が活動されています。今年は’高下神楽団’さんでした。 演じるは、旧舞’塵倫’です。 加計は広島の神楽のメッカのひとつで、旧舞中心によく保存されています。     *ブルーシートの即席ステージなので、画像は全てブルー…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

神楽 旧舞 『鈴鹿山』坂上田村麻呂 北広島岩戸地区・八栄神楽団

ひさしびりに神楽のご紹介です。 今回の画像は先日大朝鳴滝露天温泉特設ステージで行われたイベントより、八栄神楽団さんの「鈴鹿山」です。 鈴鹿山は旧舞に属し、古くから石見地方に伝わる演目です。八栄神楽団さんの                          鈴鹿山  (出典 謡曲 田村) 坂上田村麻呂は勅命を…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

『神楽共演大会 inボートレース宮島』 高井神楽団(広島市佐伯区) GⅠ新鋭王座決定戦

厳島神社の対岸(本土側)に宮島競艇場があります。ここで大きなボートレースの大会がありました。同時開催として近隣の神楽団による神楽共演大会が開かれました。ボートレースの様子も撮影してきましたが、また次の機会に。 共演大会の1演目目は、市内佐伯区八幡の「高井神楽団」さんです。これまで高井さんはなぜかほとんどご紹介しておりませんでしたが、当…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「本郷祭り」本郷地区神楽団太刀納めの様子  神楽門前湯治村・神楽ドーム 昨年の12月

広島県の山間の町、安芸高田市美土里町本郷に湯治村があります。そう、県人の神楽メッカ、神楽ドームがここにはあるのです。湯治村には大きな天然温泉があって、村の中には2階建ての宿や、神楽ドームの他に、かむくら座という小さな神楽ステージもあります。毎年、冬は雪に覆われるのですが暖かくなると、神楽を見ることができます。神楽定期公演と称して、4月か…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

『筏津神楽団』さんの太刀納め(つづき) 『三浦』(筏津・旧舞) 『葛城山』(新舞:ゲスト)

前回のつづきです。『筏津神楽団』さんの太刀納め、今回は『三浦』(筏津・旧舞)とゲストの『葛城山』です。「三浦」の三浦介・上総介は、子供たちが演じます。大変うまい! --------------------------------------------------------------------------------…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『筏津神楽団』さんの太刀納め(つづき) 神降し・滝夜叉姫(新舞:ゲスト)・山伏(旧舞)

昨年末の、広島県のチャンピオン神楽団「筏津神楽団」さんの太刀納めのつづきになります。 途中 年を越してしまったので、足掛け2年のご紹介になりますネ(笑)。 当団さんが古くから受け継がれた「舞歌」もあわせてご紹介します。       演目は、筏津神楽団「神降し」です。           サンヨー サン…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

筏津神楽団(山県郡北広島町筏津) 『潮祓』『天の岩戸』筏津大歳神社

昨年の末、中国山脈の山間の山郷、旧大朝町は筏津大歳神社の奉納神楽の様子です。筏津神楽団さんの「潮抜」と「天の岩戸」をご紹介します。 ---------------------------------------------------------------------------------- ●『潮祓』しおはらい…舞…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神楽・須佐之男命『八岐大蛇』 筒賀大歳神社秋祭り前夜祭 梶原神楽団さん

昨年の晩秋、「筒賀大歳神社秋祭り前夜祭」の最後に奉納された梶原神楽団さんの『八岐大蛇』のご紹介です。 都会の華やかさのないスサノオの大蛇退治舞いですが、素朴であったかい山あいの神楽を目の前で堪能させていただきました。 これまで何度も大蛇のストーリーはご紹介してきていますが、改めて…。是非写真を見ていただく前にこのストーリーを覚えてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明けましておめでとうございます。 2011『安芸.石見地方神楽紀行』

2011兎年・元旦 今年も一年、元気に中国地方の神楽をはじめお祭や小旅行紀行をご紹介してまいります。これまで以上に、皆様に感動していただける写真をご紹介していきたいと存知ます。 精進し頑張りますので、引き続き今年もヨロシクお願い申し上げます。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

石見 『2010日本石見神楽大会』 浜田市石央ホールNo.5 大尾谷神楽社中「橋弁慶」

2010日本石見神楽大会の第5回は、大尾谷神楽社中さんの「橋弁慶」です。 平安時代の月がとても美しい夜、豪放きわまる弁慶が京の五条の大橋で向こうから風流な笛を吹いて来る凛々しい稚児:牛若丸の腰に帯たる見事な太刀を気に入り、それを我がものにしようと闘いを挑みます。 弁慶が薙刀をもって攻めますが、牛若丸はものともせず見事な早…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

石見 『2010日本石見神楽大会』 浜田市石央ホールNo.3 細川社中「道返し」 西村社中「鹿島」

浜田市石央ホールで開催された 『2010日本石見神楽大会』 の第4回目のご紹介です。 今回は、『石見神楽細谷社中』【道返し】に続き、『西村神楽社中』 【鹿島】です。 道返しは別名「鬼返し」とも言われ、鬼を殺さずに改心をさせ、道の途中からかえすという意味で「道返し(ちがえし)」といわれるようになったそうです。 古事記、日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なつかしの国石見 『2010日本石見神楽大会』 浜田市石央ホールNo.3 広森神楽団「伊吹山」

浜田市石央ホールで開催された『2010日本石見神楽大会』の第3回目は、広島県は安芸高田市の広森神楽団さんの出演です。演目は、今年特に力を入れられた、日本武尊の伊吹山にまつわる伝説「伊吹山」です。 日本書紀 「日本武尊、更尾張に還りまして、即ち尾張氏の女宮簀媛を娶りて、淹しく留りて月を踰ぬ。是に、近江の五十葺山に荒ぶる神有ることを…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

なつかしの国石見 『2010日本石見神楽大会』 石央ホールNo.2 石見神楽亀山社中「岩戸」

「2010日本石見神楽大会」の第2演目目は、神楽の起源ともいわれ、神楽の中で最も神聖視されている演目『岩戸』石見神楽亀山社中さんです。 『岩戸』は、これまでも何度かご紹介してきましたが、古事記と日本書紀の神話を基とし、天照大御神(太陽神で、高天の原において中心的な女神で、須佐之男命の姉)の御神徳をたたえた、天照大御神の岩戸隠れの神…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なつかしの国石見 『2010日本石見神楽大会』 浜田市石央ホールNo.1 佐野神楽社中「三上山」

今年も、恒例になりました、なつかしの国・石見が世界に誇る 『2010日本石見神楽大会』 を撮影してきました。思えば2005年から皆勤賞です。この大会を見ずに年は改まりません。この大会が大好きで寒い時期毎年山陰まで通うのは、大会の実行委員の方々は各浜田市内の石見神楽の中堅どころの団員さんや、役所の職員さんが毎年企画や大会準備、運営などをそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more